ごあいさつ

ようこそお越し下さいました。
このページは、アリアメンバーが最新の業界情報についてアップロードしております。
経済情勢や基準等が目まぐるしく変化する昨今、少しでも参考にして頂ければ幸いです。
なお、文中の意見に係る部分は各メンバーの私見であり、法人の見解とは関係がありません。

2010年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

022 販売奨励金の取扱い

 販売奨励金はメーカー側から小売業者に対して支払った金銭であ
り、得意先に支払うものであり、基本的には損金算入される。しかし、
販売奨励金として支出したとしても、得意先の赤字を補填する目的
ならば、「寄付金」に該当し、得意先を観劇や旅行に招待する目的
ならば「交際費」に該当する。したがって、その実態によって性質が
異なる。また、販売奨励金を支出した目的が明確でない場合、交
際費として認定され、追徴課税された事例が存在するため、留意
すべきである。

022 Sales incentives

    Sales incentives are the amount of money paid to retailers
from manufacturers, which is basically included in nontaxable
expenses. However, this expense would be regarded as
“donation” if its purpose is to fill the deficit of your clients
even though it is expensed as sales incentives at first. And
it would be an “entertainment expense” if you invite your
clients on a trip or to go see a play as an incentives. Therefore,
its nature differs depending on its purpose. This is where
you have to be careful because it is also regarded as an
entertainment expense in the case you are not making the
purpose of paying sales incentives clear enough. As a result
the entertainment expense would be excluded from nontaxable
expenses, and they would ask you to pay penalty tax, which
is in fact what happened before.

022 销售回扣的处理

※ブラウザの設定環境をご確認の上、ご覧ください。
※请在确认好浏览器的设定环境后,进行浏览。

      销售回扣是制造商支付给零售商的金钱,是支付给客户的,基
本上是算入损金。但是,即使作为销售回扣支出,如果目的是填补
客户赤字的话,就属于「捐赠」;如果目的是招待客户观赏戏剧或
旅行的话,就属于「招待费」。因此,其性质因其实际情况而异。
另外,在销售回扣的支出目的不明确的情况下,作为招待费,因
为有追缴纳税的实例存在,应加以留意。

021 ASBJ包括利益の表示に関する会計基準

 ASBJは6月30日に「包括利益の表示に関する会計基準」を公表した。当初は3月中の予定とされていたもので、3ヶ月遅れの公表となった。

これにより、従来、評価・換算差額として純資産直入されていた評価差額が利益として表示される。平成23年3 月31 日以後終了する連結会計年度の年度末に係る連結財務諸表から適用。

しかし、全ての財務諸表に適用されるものではなく、個別財務諸表や非公開会社の財務諸表のような、利害関係者のニーズが上場会社とは異なるものに対しての取り扱いは未確定であることに留意が必要である。

021 Accounting Standards Board of Japan announced a new standard of Comprehensive Income

  ASBJ announced a new standard of Comprehensive Income on 30 Jun, 2010.

  They were going to announce during March at first, but postponed till today.

  This brings to everyone’s attention because valuation adjustment, which is directly reported as a component of shareholders’ equity, now should be reported as a part of profit. This is going to be effective against financial statements for the year ended after 31 March, 2011.

  However, this is not going to be applied to all the financial statements. Individual financial statements and ones of unlisted companies do not have to be presented because users’ needs are different, and whether they also have to present theirs in IFRS basis has yet to decide.

  It is understandable that coordination of many people’s opinion, but we expect them to determine what to do with this pending issue of unlisted companies which occupies the vast majority of all the companies in entire nation.

021 日本会计基准委员会公布了包括利润的新基准

※ブラウザの設定環境をご確認の上、ご覧ください。

在确浏览器的境后,浏览

     6月30日,ASBJ公布了「关于包括利润表示的会计基准」。
     当初,预定在3月公布,结果是延迟3个月。

      以前作为评价、换算差额直接计入纯资产的评价差额,从此作为利润来表示。从与2011年3月31日以后结束的合并会计年度的年末相关的合并会计报表开始适用。

    但是,并不是适用于所有的会计报表。像个别会计报表和非公开公司的会计报表,利益相关者的需要与上市公司不同的,因其处理尚未确定,有必要留意。

    调整意见很难,这是可以理解的。但是,我们希望尽快表明关于占绝大多数的非公开公司的处理。

020 1株当たり当期純利益に関する会計基準、その適用指針等の改正の公表

 平成22年6月30日、企業会計基準委員会は改正企業会計基準
第2号「1株当たり当期純利益に関する会計基準」、改正企業会計
基準適用指針第4号「1株当たり当期純利益に関する会計基準の
適用指針」及び改正実務対応報告第9号「1株当たり当期純利益
に関する実務上の取扱い」を公表した。
 これは、企業会計基準第24号「会計上の変更及び誤謬の訂正に
関する会計基準」の適用に伴って改正が行われたものである。

改正のポイント
・会計方針の変更又は過去の誤謬の訂正により財務諸表に遡及
適用又は修正再表示が行われた場合は、1株当たり純利益の遡及
適用後又は修正再表示後の金額により算定する。
・当期に株式併合又は株式分割等が行われた場合、表示する財
務諸表のうち、最も古い期間の期首に、当該株式併合又は株式分
割が行われたと仮定して1株当たり純利益の金額を算定する。

 また当会計基準及びその適用指針の改正以外にも、「会計上の
変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」の適用により改正が行わ
れる会計基準があるので注意されたい。

020 Release of the revision of the new accounting standard and implementation guidance for “earnings per share”

Accounting Standard Board of Japan issued the revised
accounting standard 2 “the accounting standard for earnings
 per share,” revised accounting standard 4 “implementation
 guide for earnings per share,” revised the Practical Issues
Task Force 9 “Practical solution on earnings per share.”
  This revision has accompanied with the application of “the
 accounting standard for Accounting Policies,Changes in
Accounting and Errors.”

  Points of the revision
・In case that the retrospective application or retrospective
restatement is made in the financial statements according
to the revision of “the Accounting Policies,Changes in
Accounting and Errors,” the amount must be calculated
after the retrospective application or restatement of earnings
 per share.

・In case that the stock split or reverse stock split is made,
the calculation of earnings per share must be made as if the
 stock split or reverse stock split were made in the beginning
 of the oldest period presented in the financial statements.

We have to pay attention to the revision of other accounting
 standards accompanied with this application of “the
Accounting Policies,Changes in Accounting and Errors.”

020 关于每股当期纯利益的会计基准、其适用指针等改正的公布

※ブラウザの設定環境をご確認の上、ご覧ください。
※请在确认好浏览器的设定环境后,进行浏览。

      2010年6月30日,企业会计基准委员会公布了改正企业会计
基准第2号「关于每股当期纯利益的会计基准」、改正企业会计基
准适用指针第4号「关于每股当期纯利益的会计基准的适用指针」
及改正实务对应报告第9号「关于每股当期纯利益的事务上的处理」。
      这是,伴随企业会计基准第24号「关于会计上的变更及谬误的
订正的会计基准」的适用而进行的改正。

改正的要点
・由于会计方针的变更或过去谬误的更正,对会计报表进行追随
适用或修正重新表示的情况下,通过每股纯利益的追溯适用后或
修正重新表示后的金额算定。
・当期如果进行了股票合并或股票分割的情况下,在表示的会计
报表中,在最早的时期期初,假定进行了当股票合并或股票分割,
算定每股纯利益的金额。

      除了当会计基准及其适用指针的改正以外,还应注意由于适用
「关于会计上的变更及谬误的订正的会计基准」而进行改正的会计
基准。

019 四半期決算短信の見直しについて

 東京証券取引所は、「四半期決算短信にかかる適時開示実務の取扱い」及び「四半期決算短信様式・作成要領」の全面改訂を行い、平成22年6月1日に改訂された「四半期決算短信様式・作成要領」を公表した。主な見直しのポイントは以下のとおりである。

 まず、開示時期について、30日以内の開示が望ましいものとしていたが、投資者ニーズに応じた開示時期に開示を行えるよう、開示時期の目安基準を取り下げた。(遅くとも四半期報告書の提出までには、四半期決算短信の開示を行う必要がある。)

 また、四半期短信の開示内容について、これまですべての上場会社に一律に、同様の開示内容を開示するよう求めていたが、今回の全面改訂では、一律同様の開示内容は最小限にとどめ、それ以外は、上場会社が投資者ニーズを踏まえて開示する水準を選択できるようになった。さらに、開示する基本財務諸表も要約表示が可能となっている。これは、従来の四半期短信の開示内容が、四半期報告書とほぼ同様の開示内容を求めていたため、投資者のニーズに対応して、柔軟・迅速な開示が行えるようにしたものである。

 この改訂により、四半期短信の開示時期及び開示内容はこれまでより柔軟化されたことになる。