ごあいさつ

ようこそお越し下さいました。
このページは、アリアメンバーが最新の業界情報についてアップロードしております。
経済情勢や基準等が目まぐるしく変化する昨今、少しでも参考にして頂ければ幸いです。
なお、文中の意見に係る部分は各メンバーの私見であり、法人の見解とは関係がありません。

2015年10月
« 10月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

144 社会福祉法人法改正へ

2015.10.14

日本語/Japanese|

皆さんは、今秋の臨時国会で成立する予定の

社会法人法が改正についてご存知でしょうか。

改正法案の内容は、おおきく、

制度の改革と人材確保の促進に分けられます。

◆制度の改革

①    経営組織のガバナンスの強化

・議決機関としての評議員会の設置義務

(小規模法人については経過措置あり)

※一定規模以上の法人への会計監査人の導入

②    事業運営の透明性の向上

・財務書類・現況報告書・役員報酬基準等の公表に係る既定の整備

③    財務規律の強化

・役員報酬基準の公表

・「社会福祉充実残額」の明確化

・「社会福祉充実残額」を保有法人に対して事業の計画作成の義務付け

④    地域における公益的な取り組みを実施する責務

⑤    行政の関与の在り方

・所轄庁による指導監督機能の強化

◆福祉人材の確保の促進

①    介護人材確保に向けた取り組みの拡大

②    福祉人材センターの機能強化

③    介護福祉士の国家資格取得方法の見直しによる資質の向上等

④    社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し

今回の社会福祉法人法改正案は、一部を除き平成29年4月1日施行を予定しています。

会計監査人導入の対象となる法人様は、早めの準備が必要です。

監査法人アリアは、長年、社会福祉法人様の支援に携わっている実績があり、

社会福祉法人を取り巻く現場を知る監査法人です 。

今回の法改正についてご質問等ございましたら、何なりとお問合せください。