ごあいさつ

ようこそお越し下さいました。
このページは、アリアメンバーが最新の業界情報についてアップロードしております。
経済情勢や基準等が目まぐるしく変化する昨今、少しでも参考にして頂ければ幸いです。
なお、文中の意見に係る部分は各メンバーの私見であり、法人の見解とは関係がありません。

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

012 監査基準委員会報告書の新起草方針に基づく改正版(公開草案)を続々と公表

 平成22年4月30日、日本公認会計士協会は監査基準委員会報
告書の新起草方針の概要(平成22年2月26日公表)に基づき、以
下6本の監査基準委員会報告書の改正版(公開草案)を公表した。
なお意見募集期限は平成22年5月31日までとなっている。

・分析的手続
・内部統制の不備に関するコミュニケーション
・財務諸表監査における総括的な目的
・監査役等とのコミュニケーション
・経営者確認書
・確認

 新起草方針に基づく監査基準委員会報告書の改正版は合計37
本が予定され、今回の公表で20本の改正版(公開草案)の公表に
至っている。ちなみに37本も改正される理由は、2009年3月に完
了した国際会計士連盟の国際監査・保証基準審議会が行うクラリ
ティ・プロジェクトで公表された37本の国際監査基準と国際品質管
理基準に合わせるためと考えられる。

 これらの改正は会計の国際化(国際財務報告基準の導入)だけ
でなく、監査の分野においても国際化が求められているという表れ
であろう。

 また、監査基準委員会報告書の改正版の適用時期は平成23年
4月1日以後開始の事業年度に係る監査より適用される予定となっ
ており、監査法人をはじめとする会計監査人には適時・早急な対応
が求められることになる。

012 Continuous release of revised exposure drafts of statements of Auditing Standards Board based on a new draft policy

  On April 30, 2010, Japanese Institute of Certified Public
Accountant released 6 revised exposure drafts of Auditing
 Standards Board (listed below) based on a new draft policy
 of revision of exposure drafts of statements of Auditing
Standards Board (released on Feb. 26, 2010). They ask for
 opinions on these revised statements until May 31, 2010.

・Analytical Procedure
・Communication on flaw of internal control
・General purpose of auditing financial statements
・Written Representation
・Communication with Internal Auditors
・Confirmation 

  Total number of revisions of statements will amount to 37,
and the number has reached 20 out of 37 by this release.
The reason why as many as 37 statements are exposed to
revision is to synchronize with the 37 of new International
Standard on Auditing and International Standard on Quality
Control released by International Auditing and Assurance
Standard Board for Clarity Project, which had been finished
on March 31, 2009.

  This movement represents that not only the internationalization
of accounting (introduction of IFRS) but that of auditing
should be required in our country.

  This application of the revision will begin from the fiscal
year starting April 1, 2011. Therefore, it is better that
accountants and auditors deal with the corresponding
matters as soon as possible.

012 以审计基准委员会报告书的新起草方针为基础的改正版(公开草案)将陆续被公布

※ブラウザの設定環境をご確認の上、ご覧ください。
※请在确认好浏览器的设定环境后,进行浏览。

      2010年4月30日,日本公认会计士协会以审计基准委员会报
告书的新起草方针的概要(2010年2月26日公布)为基础,公布
了以下6个审计基准委员会报告书的改正版(公开草案)。而且意
见征集期限是2010年5月31日。

・分析手续
・有关内部统治不完备的交流。
・会计报表审计的总体目的
・与审计董事等的交流
・经营者确认书
・确认

      以新起草方针为基础的审计基准委员会报告书的改正版预计
合计有37个,加上此次的公布总共公布了20个改正版(公开草
案)。有37个被改正的理由是,在2009年3月完成的由国际会计
士联盟的国际审计・保证基准审议会进行的透明性工程中,公布
了37个国际审计基准和国际品质管理基准。为了与这些基准互
相配合,所以有了37个改正版。

      这些改正不只是会计国际化(国际财务报告基准的导入),也
是审计领域国际化要求的表现。

      审计基准委员会报告书的改正版的适用时期预定是2011年4
月1日以后开始的事业年度审计。这就要求会计师事务所等等的
会计审计人进行及时、迅速的对应。

011 平成22年度グループ法人税制改正における軽減税率不適用の影響

 グループ法人税制改正(平成22年度)について、3月19日に当ホームページに記載した。本日は、当該税制改正により、中小法人の軽減税率の特例の不適用が与える影響について考えたい。

 現行の税制では、資本金1億円以下の中小法人であれば、税務上の課税所得が800万円以下であれば、18%の軽減税率を適用する事が可能であった。

 しかし、平成22年度税制改正では、中小法人であっても、資本金5億円以上の親会社の完全子会社であれば、中小特例の適用ができなくなる。

 したがって、資本金5億円以上の親会社の完全子会社である中小法人が、軽減税率18%を採用して法定実効税率を算定している場合には、繰延税金への影響が生じるため留意が必要である。当該税制改正は、平成22年4月1日以後に開始する事業年度より適用される。

011 Impact made by the inapplicable reduced tax rate in the revision of Corporation Tax Act 2010

We reported in our website on Revision of Group Corporation Tax Act 2010 on March 19. Today we would like to talk about how much impact it would make when Special Application of reduced tax rate for Small and Medium Enterprises (SME) becomes inapplicable due to that revision.

  According to the tax system applied before the fiscal year 2010, t was possible that SME whose capital stock is under 100 million yen can apply to the reduced tax rate of 18% if the taxable income is under 8 million yen.

  However, this can not be the case if an SME is a subsidiary company wholly owned by a parent company whose capital stock is more than 500 million yen.

  Therefore, companies fit in this case have to pay attention to it when they calculated the effective tax rate with 18% because it will generate the impact on the deferred tax. This revision becomes effective after the year starting April 1, 2010.

011 对2010年度集团法人税制改正不适用轻减税率的影响

※ブラウザの設定環境をご確認の上、ご覧ください。
在确浏览器的境后,浏览

    关于集团法人的税制改正(2010年度),记载在3月19日的本网站上。今天,想对由于该税制改正,中小法人的减轻税率的特例的不适用所产生的影响进行一下探讨。

    在现行税制下,资本金是1亿日元以下的中小法人的话,税务上的课税所得是800万日元以下的话,适用18%的轻减税率是可能的事。

    但是,在2010年的税制改正,即使是中小法人,资本金是5亿日元以上的母公司的完全子公司的话,就不能适用中小企业特例。

    因此,资本金是5亿日元以上的母公司的完全子公司的中小法人,在采用18%的轻减税率来算定法定实效税率的情况下,因为对递延税金产生了影响,所以有必要留意一下。当该税制改正,从2010年4月1日以后开始的事业年度开始适用。

010 金融庁、「国際会計基準(IFRS)に関する誤解」を公表

 金融庁は4月23日、「国際会計基準(IFRS)に関する誤解」を公
表した。この中では、IFRSについて適切な理解を促すため、次の
ような誤解事例に対しての解説が行われている。
 
(誤解)上場会社には、直ちにIFRSが適用されるので、大至急準
備をしなければならない。
(実際)2010年3月期から、一定の要件を満たす上場企業の連結
財務諸表について、IFRSを任意に適用できるようになったもの。

(誤解)IFRSを導入すると、土地など固定資産も含めて全面的に
公正価値(時価)で評価しなければならない。
(実際)IFRSにおいて、公正価値(時価)で評価しなければならな
い範囲は、現行の日本基準と大きくは異ならない。

 実務家向けというよりは、広く一般に周知するための情報提供と見
受けられ、既にIFRS導入に向けて学習されている方々にとっては
目新しい内容は無いかも知れないが、一般的にどのような誤解が
生じているかを知る意味では一読の価値があると思われる。

010 “Misunderstandings on IFRS” published by Financial Services Agency of Japan

  Financial Services Agency of Japan published
“Misunderstandings on IFRS” on April 23. Explanation is
given towards the misunderstandings that we often hear
so that proper understanding of IFRS is encouraged.

  Followings are the examples.
(Wrong) Listed companies have to get prepared for the
IFRS because its application is going to be obligated very
soon.
(Right) Listed companies which meet certain condition can
 apply the IFRS to their consolidated financial statements
voluntarily.

(Wrong) According to IFRS, all the accounts are subject to
measurement by fair value (market value) including land
or fixed assets.
(Right) Scope of measurement by fair value (market value)
in IFRS would not differ much from that of Japanese
standard.

  This publication seems to be information offered for
general people to know widely rather than for people in
charge of company’s accounting. So, those who have
already started studying IFRS might say that they have
already known them. However, we think that this is worth
reading so as to know what types of misunderstandings are
generally created regarding IFRS.

010 金融厅公布了关于国际会计基准(IFRS)的误解

※ブラウザの設定環境をご確認の上、ご覧ください。

在确浏览器的境后,浏览 

 

      金融厅在4月23日,公布了关于国际会计基准(IFRS)的误
解。其中,为了促进对IFRS的正确理解,对以下的误解事例进行
了解说。

    (误)因为对上市企业要立即适用IFRS,必须快速进行准备。
    (正)从2010年3月期,对满足一定条件的上市企业的连接会
计报表,可以任意适用IFRS。

    (误)导入IFRS之后,必须用公正价值(市价)对包含土地等的
固定资产进行全面的评价。
    (正)根据IFRS的规定,必须用公正价值(市价)进行评价的范
围,与现行的日本基准没有太大的差异。

      这些与其说是面向实务者,还不如说是为了广泛地通知公
众而提供信息。对已经对导入IFRS进行了学习的人士来说,这
些也许并没有什么新鲜的内容。但是从知道一般来说会产生什
么样的误解的意义上来说,还是值得一读的。

009 上場会社の独立役員制度

 平成22年3月1日以後に終了する事業年度に係る定時株主総会終了の日の翌日までに、上場会社は、「独立役員」を1名以上確保することが求められます。

 独立役員とは、一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役又は社外監査役をいいます。

 会社法では、すでに社外監査役及び社外取締役の制度が設けられています。しかしながら、グループ内や取引先から、相互に社外役員として派遣し合うなど、必ずしも会社と中立の立場ではない者が社外役員に就任している現状が多数あります。こうした経営者保護ともいえる状況に対応するため、独立役員を明示的に確保し、社外役員の外形的な独立性を確保することが図られています。

 一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立役員が、企業経営に参加することで、一般株主を配慮した意思決定が行われるようにすることが期待されています。