ごあいさつ

ようこそお越し下さいました。
このページは、アリアメンバーが最新の業界情報についてアップロードしております。
経済情勢や基準等が目まぐるしく変化する昨今、少しでも参考にして頂ければ幸いです。
なお、文中の意見に係る部分は各メンバーの私見であり、法人の見解とは関係がありません。

2011年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

088 中小企業の会計に関する基本要領(案)の公表について

平成23年11月8日に中小企業庁及び金融庁を共同事務局として、中小企業の会計に関する基本要領(案)が公表されました。会社計算規則に準拠しつつ、中小企業に過重な負担を課さないものとすること等を目的に会計処理や表示などについて記載されています。

中小企業に上場企業や大会社と同水準の会計実務・開示を求めるのはコストベネフィットの観点からもよろしくないと思われるため、中小企業向けに整備されていくことは良いことである。
なお、当公開草案に対するコメントは平成23年12月7日まで受け付けている。

088 An exposure draft of the basic plan for the SMEs’ accounting.

SME Agency and Financial Services Agency as a head office issued on November 8 2011 an exposure  draft of the basic plan for the SMEs’ accounting. This shows how to dealt with the accounting treatment and presentation of the financial statements in order not to impose too much burden on SMEs while the financial statements are prepared according to the calculation guidance of Company Act.

 Since it does not seem beneficial to ask SMEs to apply the same standards as the listed companies or large-sized companies, we think that this announcement is beneficial to SMEs.

The comment period of the exposure draft closes on Dec. 7, 2011.

087 新起草方針に基づく報告書の公表

2011.11.02

日本語/Japanese|

日本公認会計士協会は、国際監査・保証基準審議会が公表したクラリティ版の国際監査基準と国際品質管理基準を参考とし、品質管理基準委員会報告書及び既存のすべての監査基準委員会報告書、監査・保証実務委員会実務指針第86号を「新起草方針に基づく報告書」として置き換える改正作業しておりましたが、このほど作業が完了し、平成23 年10 月24 日に、公開草案として公表しました。
この公開草案の中で、早いものは、平成23年9月30日以後終了する中間会計期間に係る中間監査及び平成24年3月31日以後終了する事業年度に係る監査から適用されます。
監査業務を実施する際の要求事項と実務上の適用指針が明確化されるなど、基準の国際化・明確化が図られております。要求事項が明示され、監査人には、ルールがより分りやすくなる一方、責任の所在が明確となります。監査法人としては、事務所内の方針の見直しなど一定の対応が必要となり、留意が必要です。

087 Issuance of a report based on a new draft policy

2011.11.02

英語/English|

JICPA issued on 24 Oct. 2011 an exposure draft of “a report based on a new draft policy”, which they have been working on to replace the existing standards of report on quality control standards, all the audit standards board’s report and assurance practice board’s guidance. This draft is based on the “clarity version” of international audit standards and international quality control standards issued by IAASB(International Audit and Assurance Standards Board).

The draft clarifies that some standards should be applied to the interim audit for the year ending after Sept. 30 2011, and full audit for the year ending March 31 2012.

You can see Internationalization and clarification of the audit standards as requirements and guidance have been clarified in this draft. While it has become clear to auditors as the rules are now more comprehensive, responsibility has also become clear on who to have responsibility on what matter. Audit firms are required to review its audit policy to adapt this new standards.