ごあいさつ

ようこそお越し下さいました。
このページは、アリアメンバーが最新の業界情報についてアップロードしております。
経済情勢や基準等が目まぐるしく変化する昨今、少しでも参考にして頂ければ幸いです。
なお、文中の意見に係る部分は各メンバーの私見であり、法人の見解とは関係がありません。

2012年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

094 太陽光発電・風力発電設備の即時償却制度の創設へ

平成24年1月27日、「租税特別措置法等の一部を改正する法律案」が国会へ提出された。これによると、平成24年7月1日から平成25年3月31日の間に、太陽光発電・風力発電設備を取得し、1年以内に事業の用に供した場合には、当該事業年度において、即時償却ができるとされている。

震災の影響による電力不足を補うことはもちろんのこと、節税対策などにも有効と考えられるため、各企業での有効活用が期待される。

094 Immediate Depreciation of assets associated with solar and wind power generation

Draft exposure of revision of the law of special tax treatment was submitted to the Diet on 27 January, 2012. This draft exposure says that in the case that assets associated with solar and wind power generation are acquired between 1 July 2012 and 31 March 2013 and the assets start to be used for the business, they can be depreciated immediately in the fiscal year.

They expect to increase more power generation by attracting investments with benefits in order to take step in the situation that they are short of eclectricity,.and also it helps companies save tax.

093 会計方針の変更等と過年度遡及の留意点

平成24年3月期決算より「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」が適用されることとなる。
財務諸表等の開示を行う際には、未適用の会計基準に関する注記を行う必要がある。
具体的には、以下の内容を注記事項として記載する。

①新しい会計基準等の名称及び概要
②適用予定日
③新しい会計基準等の適用による影響

また、遡及処理を行った場合の税務上の取扱いにも注意する必要がある。
会計上で過年度遡及がなされる場合であっても、それは「確定した決算」を修正するという性質ではないため、過年度の法人税の課税所得や税額に影響は及ばない。
ただし、過去の誤謬の訂正の場合には、会計上修正再表示を行うとともに、税務上修正申告を行った上で、過年度の課税所得計算を是正することが必要となる。

093 Check point of Changes in accounting policies and errors, and retrospective adjustment

New accounting standards will be applied from the year ended March 31 2012, which is “accounting standards of changes in accounting policies and errors.” They will need a note for the new accounting standards which is not applied to the financial statements for the year-end disclosure. The items below should be disclosed.

1. The name of new standards and its overall explanation
2. Planned date of the application of the standards
3. Impact that the new standards give to the company

Consideration of taxation should be treated with great care in retrospective transaction. Even if the accounting information should be changed retrospectively, this does not change the “already fixed year-end financial statements in the past”. So, retrospective adjustment will not make any effect on taxation.

However, if the change of the accounting information belongs to an error of the past transaction, accounting restatement will be required as well as submitting a return of tax adjustment and adjusting tax calculation of the past.